Author Archive

令和3年3月7日開催 第1回学校安全推進センター・シンポジウム

金曜日, 2月 12th, 2021

日本でもトラウマインフォームドケアという言葉が、見聞きされるようになってきました。“トラウマの理解に基づくケア”などと説明され、その概念も漠然と知られるようになってきているものの、具体的に現場のどのような実践のことを指しているのか、どのように現場に導入していけば良いのか、まだまだ日本の各領域において、試行が始まったばかりです。

今回のシンポジウムでは、あらためてトラウマインフォームドケアという概念や理論を確認し、福祉や教育領域での実践を発表して頂きながら、トラウマインフォームドケアの普及の可能性を探っていこうと思います。今回は、ZOOMでのオンライン開催です。

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

詳しくはこちら>>

令和3年3月25日開催 令和2年度 第1回e安全教育普及員養成セミナー

金曜日, 2月 12th, 2021

大阪教育大学学校安全推進センター(旧:学校危機メンタルサポートセンター)では、平成19年度から5か年計画で「犯罪からの子どもの安全を目指したe-learningシステムの開発」(独立行政法人 科学技術振興機構・社会技術研究開発センター受託研究)に取り組み、小学校児童を対象とした防犯教育のためのデジタル教材を開発いたしました。この教材は、安全推進における共感と協働に関する理解を基盤とする児童の自己効力感や自尊感情を育み、児童の登下校時や放課後における危険予測能力や危険回避能力を高めるとともに、児童や園児が犯罪被害に巻き込まれる危険の発生を予防することを目的として構成されています。その後、平成25年度からは、国立大学改革強化推進補助金「大学間連携による教員養成の高度化支援システムの構築 −教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト-」の支援を受け、前述した「犯罪からの子どもの安全を目指したe-learningシステムの開発」プロジェクトで開発した「犯罪からの安全」領域に加えて、「外傷からの安全」領域、「災害からの安全」領域及び「交通事故からの安全」領域のデジタル教材の拡充に取り組んでまいりました。平成29年度をもってHATOプロジェクトは終了いたしましたが、当センターでは引き続き、日本各地の学校における安全教育の一層の推進に資することを目的として、利用可能なデジタル型安全教育教材(e安全教育教材)の社会実装に取り組んでおります。

このe安全教育教材を用いて子どもたちへの安全教育を効果的かつ着実に進めていただくためには、本教材の利用を希望される方々に、事前に教材の構成理念に関する理解や具体的な活用実践方法の習得のための研修を受けていただく必要があります。そこで今回は、e安全教育普及員養成セミナーをオンライン形式で開催し、その修了者を「e安全教育普及員」として認定することを通じて、わが国における安全教育教材の着実な普及と人材の育成に取り組んでいきたいと考えております。

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

詳しくはこちら>>

 

令和3年3月2日開催 第1回学校安全推進センターフォーラム

火曜日, 1月 19th, 2021

大阪教育大学では、平成13年6月8日に発生した附属池田小学校事件において心と体に大きな傷を受けた児童・保護者・教員に対する長期にわたるケアの提供と、わが国における学校危機の発生に対して専門的に対応できる組織的・包括的な活動を支援する研究・教育機関として平成15年4月に学校危機メンタルサポートセンターを設置いたしました。

この度、学校安全の推進に関わる教育・研究領域を一層充実させることを目的として、令和2年4月に「学校安全推進センター」と改称し、今までのメンタルサポート活動を継続しつつ、「セーフティプロモーションスクール(SPS)」の普及活動を通じてわが国における包括的な学校安全の推進に関わる人材育成と実践研究のさらなる発展と、その成果の社会実装の充実に取り組んでいきたいと考えております。

「セーフティプロモーションスクール」とは、教職員,児童・生徒,PTA,地域が参加する学校安全推進のための共感と協働に基づく安全教育・安全管理・安全連携の体系的な取り組みとして、大阪教育大学が独自に創設した制度の名称です。このセーフティプロモーションスクールの活動につきましては、文部科学省の2020年度事業の「学校安全総合支援事業」の中で「学校種・地域の特性に応じた地域全体での学校安全推進体制の構築を図るため、セーフティプロモーションスクール等の先進事例を参考とする」という事業が設定されております。

そこでこの度、学校安全推進センターの第1回センターフォーラムとして、セーフティプロモーションスクール活動の実践と協働を担う「セーフティプロモーションスクール推進員」の資格認定を目的とした「令和2年度 第3回セーフティプロモーションスクール(SPS)推進員養成セミナー」として開催することを通じて、わが国におけるセーフティプロモーションスクールの活動の一層の発展と普及を提案したいと考えております。

 

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

詳しくはこちら≫

令和3年1月30日開催 令和2年度 学校安全コーディネーター養成研修【終了】

月曜日, 11月 30th, 2020

大阪教育大学学校安全推進センターでは、平成27年度から、わが国におけるセーフティプロモーションスクール活動の着実な普及と持続可能な学校安全の推進を担う中核的な人材となる「学校安全コーディネーター」の資格認定を目的とした研修会を開催しております。この「学校安全コーディネーター」は、所属する学校園における安全推進活動の中心的役割を担うとともに、所属する学校園でのセーフティプロモーションスクールの認証活動における実地確認及び経過確認や実地審査に積極的に協力し、またセーフティプロモーションスクールに認証された後には、当該校園におけるセーフティプロモーションスクールの取り組みに関わる情報の収集と国内外への成果の発信を通じて、セーフティプロモーションスクール活動の継続とその成果の共有に努める人材としての活躍が期待されています。

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

詳しくはこちら>>

令和2年12月28日開催「セーフティプロモーションスクール(SPS)推進員」養成セミナー【終了】

水曜日, 10月 28th, 2020

この度、大阪教育大学学校安全推進センターでは、各学校におけるセーフティプロモーションスクール活動の実践と協働を担う「セーフティプロモーションスクール推進員」の資格認定を目的とした研修会を下記の日程にて開催することにいたしました。この「セーフティプロモーションスクール推進員」は、セーフティプロモーションスクールの認証に取り組む学校における「学校安全コーディネーター」や「学校安全主任」等に協力して、「チーム学校」の一員として学校における安全推進活動の展開を支援するとともに、セーフティプロモーションスクールに認証された後には、当該校におけるセーフティプロモーションスクールの取り組みに関わる情報の収集と国内外への成果の発信を通じて、セーフティプロモーションスクール活動の継続とその成果の共有に努める人材としての活躍が期待されています。

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

詳しくはこちら>>

学校安全主任講習会(第17回教職員研修)【終了】

月曜日, 7月 20th, 2020

学校危機(学校内での事件・事故、児童・生徒の何らかの被害、 自然災害等の影響により学校で特別な対応が必要になる事態)について理解し、 学校の危機管理体制を見直すことは、全ての学校の課題であり、 危機発生時に教職員一人ひとりが的確な対応をとることが、 児童や生徒の心身の早期回復のためにも非常に重要です。

本研修では、学校危機に関する基本理論や心のケアに関する基礎のほか、 実践的な内容を学ぶことができます。

奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

詳しくはこちら>>

当センター改称のお知らせ

水曜日, 4月 1st, 2020

 本学の組織変更により、令和2年4月1日より当センターは「学校危機メンタルサポートセンター」から「学校安全推進センター」に改称されました。

 なお、当面の間、HP内では旧称(学校危機メンタルサポートセンター)の記述が残りますが、随時更新の予定です。

2020年2月27日:令和2年3月6日開催予定のフォーラム中止のお知らせ

木曜日, 2月 27th, 2020

令和2年3月1日開催予定のシンポジウム中止のお知らせ

火曜日, 2月 25th, 2020

 

令和2年3月1日開催 第9回 学校危機メンタルサポートセンター・シンポジウム【中止】

月曜日, 1月 27th, 2020

第9回学校危機メンタルサポートセンター・シンポジウム

日本でもトラウマインフォームドケアという言葉が、見聞きされるようになってきました。
“トラウマの理解に基づくケア”などと説明され、その概念も漠然と知られるようになってきているものの、具体的に現場のどのような実践のことを指しているのか、どのように現場に導入していけば良いのか、まだまだ日本の各領域において、試行が始まったばかりです。
今回のシンポジウムでは、あらためてトラウマインフォームドケアという概念や理論を確認し、福祉や教育領域での実践を発表して頂きながら、トラウマインフォームドケアの普及の可能性を探っていこうと思います。

詳しくはこちら>>

申込方法
E-mailで<nmscinfo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp> 宛に、①住所②氏名③所属と役職(臨床心理士の方は、登録名・登録番号を忘れずに記載すること)④連絡先、
そし て「シンポジウム参加希望」と書いてお申し込み下さい(2月24日締切)